北海道比布町


現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 各課のご案内
  3. 保健福祉課
  4. 介護保険係
  5. 介護保険料について

介護保険料について

介護保険は、介護が必要な方を社会全体で支える制度です。
介護保険は、40歳以上のみなさんが加入者(被保険者)となって保険料を納め、介護が必要になったときには、費用の一部を負担することで介護サービスを利用できる制度です。住み慣れた町でみなさんが安心して暮らしていくために市区町村で運営しています。

被保険者

介護保険は社会保険方式で、40歳以上の方は一部の例外(介護保険適用除外施設入所者等)を除き全員自動的に加入していただくことになっています。加入に特別な手続きは必要ありません。

第1号被保険者(65歳以上の方)

  • 介護や支援が必要であると「認定」を受けた場合に、費用の一部を支払って介護サービス・介護予防サービスを利用できます。
  • 65歳になる月に保険証が交付されます。
  • 保険料は、個別に納めていただきます。
     

第2号被保険者(40歳~64歳の方)

  • 介護保険で対象となる病気が原因で「要介護認定」を受けた場合に、費用の一部を支払って介護サービス・介護予防サービスを利用できます。
  • 要介護認定を受けた場合に保険証が交付されます。
  • 保険料は、加入している医療保険の保険料(税)と合わせて納めます。

第1号被保険者(65歳以上の方)の保険料

市区町村ごとに保険料は違います。それぞれの市区町村の介護サービスにかかる総費用は、その地域に介護保険を利用する人がどのくらいいるか、また、どんなサービスの需要が多いのかによって異なります。第1号被保険者の保険料は、この費用をもとに計算されるため、保険料の金額も異なります。

介護保険料

平成27年度から平成29年度の間の介護保険料は、所得段階によって次のように設定されます。
所得段階ごとの介護保険料一覧表
所得段階 対象者 保険料額
第1段階 生活保護を受給されている方
町民税非課税世帯で老齢福祉年金を受給されている方
町民税非課税世帯で課税年金収入額と合計所得金額の合計が80万円以下の方
30,700円
第2段階 町民税非課税世帯で課税年金収入額と合計所得金額の合計が80万円超120万円以下の方 51,300円
第3段階 町民税非課税世帯で課税年金収入額と合計所得金額の合計が120万円超の方 51,300円
第4段階 本人が町民税非課税(課税世帯)で課税年金収入額と合計所得金額が80万円以下の方 61,500円
第5段階 本人が町民税非課税(課税世帯)で課税年金収入額と合計所得金額が80万円超の方 68,400円
第6段階 本人が町民税課税で合計所得金額が120万円未満の方 82,000円
第7段階 本人が町民税課税で合計所得金額が120万円以上190万円未満の方 88,900円
第8段階 本人が町民税課税で合計所得金額が190万円以上290万円未満の方 102,600円
第9段階 本人が町民税課税で合計所得金額が290万円以上の方 116,200円

保険料の納め方

  • 老齢年金・遺族年金・障害者年金(年18万円以上の方)…特別徴収
    • 年6回の年金支給の際に、介護保険料があらかじめ差し引かれます。
    • 4月・6月・8月は介護保険法第140条の規定により前年度2月分と同額を納めます。(仮徴収)
    • 10月・12月・2月分は、前年の所得などをもとに算出にされた保険料から、仮徴収分を除いた額を3回に分けて納めます。(本徴収)
  • 老齢年金等が年18万円未満の方及び老齢福祉年金・恩給のみ受給されている方…普通徴収
    • 送付される納付書で、介護保険料を納めます。
※新たに65歳になった方、町外から転入された方は、特別徴収の条件を満たしていても6か月~1年後の年金から特別徴収になるため、それまでの間は普通徴収になります。
年度の途中で第1号被保険者になった方は、その月の保険料から納めていただきます。なお、65歳に到達するのは、誕生日の前日です。(民法第143条)
例:4月1日生まれの方は、3月31日に65歳に到達するため、3月分の介護保険料から納めていただくことになります。
死亡・転出により比布町の第1号被保険者でなくなった(資格喪失)場合は、その前月の保険料まで納めていただきます。なお、死亡の場合は、亡くなった日の翌日に第1号被保険者でなくなります。(介護保険法第11条)
例:3月30日に亡くなった場合は、3月31日に資格喪失するため、2月分まで納めていただくことになりますが、3月31日に亡くなった場合、4月1日に資格喪失するため、3月分まで介護保険料を納めていただくことになります。

介護保険料の納付について

  • 介護保険の納期は、特別徴収と普通徴収で異なります。
    • 特別徴収は、年金支給月である偶数月(第1期:4月~第6期:2月)に年金から天引きされ、翌月に各年金保険者(日本年金機構など)から町にまとめて支払われます。
  • 普通徴収の納期は、7月、9月、11月、1月の末日で、計4期となります。
    • 末日が土日祝日の場合は、翌日が納期となります。
  • 特別徴収の方は年金から天引きされるので、納め忘れることはありませんが、次のような場合には特別徴収ができなくなり、普通徴収に変更されますのでご注意ください。
    1. 現況届を出し忘れるなどの理由で年金の支給が停止した場合
    2. 年金を担保にした場合
    3. 所得の更正などにより保険料が減額になった場合
    • これらの原因が解消されても、特別徴収に戻るまでの間は普通徴収により納めていただくことになります。
7月に介護保険料の決定通知書が送付されますので、自分がどの納め方なのか確認し、納め忘れのないようにしましょう。

介護保険料の還付について

年度途中で死亡・転出などにより介護保険の資格を喪失した場合、年額を再計算した結果、それまで納めていただいた保険料が年額を超えていた場合、その分の保険料をお返しします。
該当する方には、介護保険係からお知らせします。